屋上緑化の効果とは?メリットやデメリットを解説


屋上緑化によるメリット

オフィスビルなどの屋上に芝や草花といった植物を植えることを屋上緑化と言います。屋上緑化をするメリットとして挙げられるのが、ヒートアイランド現象の緩和です。アスファルトやコンクリートと比べると緑地は保水力が高い性質があり、水が蒸発することによって気温の上昇を抑えられます。緑化された屋上は太陽からの熱を遮断する働きもあり、屋上や部屋の内部の温度も下がるために冷房費の節約にも有効です。冬場では建物の熱が逃げにくくなるので、省エネにも貢献します。また、植物は二酸化炭素を使って光合成を行うので、地球温暖化の防止にもつながります。癒やし効果が得られるのも屋上緑化のメリットの一つです。ストレスを軽減させる効果がある緑色が目に多く入り、鳥や虫なども集まるので、憩いの場を確保できるようになります。

屋上緑化によるデメリット

屋上緑化する際の注意点としては、許容積載荷重が挙げられます。土や植物を屋上に運び込むと重量によって建物に負担がかかります。日本は地震大国ということもあって、許容積載荷重がしっかり定められており、許される範囲の中で緑化をすることが必要です。植物の手入れが必要になるのもデメリットになります。屋上は日差しが良くあたる環境なので、水やりを欠かさずに行うことが求められます。規模が大きいのなら、スプリンクラーなど自動で水やりをするための設備投資が必要です。他に、防根対策も重要です。植物の根はコンクリートに入り込んでしまうケースがあるほど強いので、建物まで入ってこないようにするための対策が求められます。

マンションやビルの屋上に植物を植える屋上緑化には、植物が行う蒸散作用によって周囲の温度を下げる効果があります。他にも建物の断熱性向上や紫外線による劣化を少なくするなどのメリットもあります。