紙巻きタバコとは何が違う?電子タバコならではのメリットとデメリット


煙による不快な匂いのなさ

紙巻きタバコと電子タバコの大きな違いとして挙げられるのが煙です。従来の紙巻きタバコは、葉っぱを燃やした時に発生する煙を吸い込むため、喫煙時の副流煙で周囲に迷惑を掛けてしまうことが問題とされていました。タバコの匂いは服や持ち物に染み付いてしまうと簡単に取ることができないため、吸っていなくても衣服に付着した匂いで人を不快にさせることもあります。それに対して電子タバコは煙が出ないので副流煙の心配もなく、周りに迷惑を掛けずに安心して吸えるのが魅力です。

将来的な禁煙にも繋がる

健康のために禁煙を考えているけれど何度も挫折してしまうという人は少なくありません。禁煙が続かない原因は、禁断症状によるイライラが理由に挙げられます。日本で販売されている電子タバコは、紙巻きや加熱式タバコのようにタールが含まれていないので、健康への悪影響を最小限に抑えられるのが特徴です。煙と水蒸気の違いはあっても吸うという行為は共通しているため、タバコを吸った時と同じ感覚を味わえるのでイライラを抑制できます。電子タバコは禁煙のサポートアイテムとしても最適です。

電子タバコならではのデメリット

電子タバコは需要の増加に伴って購入する選択肢も増えているとはいえ、紙巻きタバコに比べて限られているのが実情です。住んでいる地域によっては気軽に手に入れることができないケースもあります。また、電子タバコの本体は一度購入をすれば繰り返し使うことができますが、長く使用していく上でカートの掃除など定期的にメンテナンスが必要です。こうした購入や手入れの手間がデメリットになることもあります。

vapeのタバコフレーバーは飽きることがありません。果実や酒類や料理など多彩な種類のフレーバーがあるのです。